「朝永振一郎(1906~79)」(1965年 物理学賞)

1906年東京生まれ。京都帝大理学部卒業。理化学研究所研究員、東京文理科大教授、東京教育大学長、日本学術会議会長などを歴任。52年文化勲章受賞。65年ノーベル物理学賞受賞。79年没。

【受賞理由となった業績や活動】

(湯川と朝永、ともに「物理学の最先端を築く道」の上を歩む)

朝永振一郎は、湯川秀樹に次いで、日本では2人目のノーベル賞受賞者となった。

実はこの2人、京都にあった旧制第三高等学校、そして現在の京都大学の前身であった京都帝大の同級生どうしであり、また、共に物理学の道を極めようと志した、よきライバルどうしでもあったのだ。 続きを読む 「朝永振一郎(1906~79)」(1965年 物理学賞)

「湯川 秀樹(1907~81)」(1949年 物理学賞)

1907年東京生まれ。京都帝大理学部卒、京大講師、阪大講師、同教授を経た後、39年京大教授。43年文化勲章。48年プリンストン高等科学研究所客員教授。49年コロンビア大教授、ノーベル物理学賞受賞。53年京大基礎物理学研究所所長。70年京大退官。81年没。

【受賞理由となった業績や活動】

(研究発表前の「物理学の状況」)

1個の原子の大きさは、およそ1億分の1センチ程度といわれる。その原子の中央にある「原子核」ともなると、さらにその1千万分の1ほどの大きさしかない。 続きを読む 「湯川 秀樹(1907~81)」(1949年 物理学賞)

「ナッシュ, J. F.(1928~)」(アメリカの数学者)

経済学賞(1994年 受賞)

【経歴】

1928年6月13日アメリカのウェスト・バージニア州に生まれる。45年17歳のときカーネギー・メロン大学に入学、途中で化学から数学に専攻を変更。48年学士と修士を取得、プリンストン大学へ進学。49年21歳のとき博士学位論文作成、発表。50年5月27頁からなる博士学位論文「『非協力』ゲーム理論(ナッシュ均衡)」により博士号取得。その後マサチューセッツ工科大学で講師。57年アリシアと結婚。58年発病(統合失調症)、以後度々精神科に入院。62年アリシアと離婚。94年(66歳のとき)ノーベル経済学賞受賞。2001年アリシアと再婚。

【受賞理由となった業績や活動】

★〔受賞理由〕

「経済学における『ゲーム理論』を大きく発展させた業績」に対して、1994年ノーベル経済学賞受賞。 続きを読む 「ナッシュ, J. F.(1928~)」(アメリカの数学者)

「ホーヴェルモ, T.(1911~93)」(ノルウェーの経済学者)

経済学賞(1989年 受賞)

【経歴】

1911年ノルウェーに生まれる。33年オスロ大学を卒業。その後、オスロ経済研究所で助手として勤務。第二次世界大戦中はアメリカのノルウェー大使館勤務。41年博士号(ハーバード大学)取得。シカゴ大学コウルズ・コミッション。48年オスロ大学教授。89年ノーベル経済学賞受賞。93年3月18日死去(享年82歳)。

【受賞理由となった業績や活動】

★〔受賞理由〕

計量経済学の方法論的基礎を確立した業績に対して、1989年ノーベル経済学賞受賞。 続きを読む 「ホーヴェルモ, T.(1911~93)」(ノルウェーの経済学者)

「ブキャナン, J. M.(1919~)」(アメリカの経済学者)

経済学賞(1986年 受賞)

【経歴】

1919年10月2日アメリカ・テネシー州マーフリーズボロに生まれる。40年ミドル・テネシー州立大学卒業後、同大学大学院に進学。41年修士号取得、シカゴ大学大学院に移り、48年博士号取得。51年フロリダ州立大学教授。56年バージニア大学教授ならびに同大学トーマス・ジェファーソン政治経済学センター所長。69年バージニア州立工科大学教授ならびに同大学公共選択研究センター所長。83年ジョージ・メイスン大学教授。86年ノーベル経済学賞受賞。

【受賞理由となった業績や活動】

★〔受賞理由〕

公共選択理論を確立した業績に対して、1986年ノーベル経済学賞受賞。 続きを読む 「ブキャナン, J. M.(1919~)」(アメリカの経済学者)

運営SHOP:各種お祝い