「ノーベル物理学賞」カテゴリーアーカイブ

ノーベル物理学賞受賞者

「ファインマン, R.(1918~88)」(アメリカの物理学者)

■物理学賞(1965年 受賞)

【経歴】

1918年5月11日ニューヨーク州ファーロッカウェイに生まれる。39年マサチューセッツ工科大学卒業、プリンストン大学大学院進学。42年博士号取得。42年~45年ロスアラモス研究所で原爆開発に従事(マンハッタン計画参加)。45年コーネル大学物理学教室助教授。50年カリフォルニア工科大学客員教授、後に理論物理学教授。65年ノーベル物理学賞受賞。88年2月15日癌のため死去(享年69歳)。

【受賞理由となった業績や活動】

★〔受賞理由〕

「量子電気力学分野での基礎的研究」により、1965年ノーベル物理学賞受賞。 続きを読む 「ファインマン, R.(1918~88)」(アメリカの物理学者)

「チャンドラセカール, S.(1910~95)」(アメリカの天体物理学者)

■物理学賞(1983年 受賞)

【経歴】

1910年10月9日インドのラホール(現在パキスタン領)に生まれる。マドラス大学のプレジデンシー・カレッジ卒業後、ケンブリッジのトリニティ・カレッジで研究に専念。33年博士号取得。38年ヤースキー天文台助教授。44年理論天文学教授。52年天文学および物理学特別教授。52年~71年『天体力学雑誌(Astrophysical Journal)』誌の編集長。83年ノーベル物理学賞受賞。95年8月21日死去(享年84歳)。

【受賞理由となった業績や活動】

★〔受賞理由〕

「星の進化、構造を知るうえで重要な物理的過程の研究」により、1983年ノーベル物理学賞受賞。 続きを読む 「チャンドラセカール, S.(1910~95)」(アメリカの天体物理学者)

「湯川 秀樹(1907~81)」(1949年 物理学賞)

1907年東京生まれ。京都帝大理学部卒、京大講師、阪大講師、同教授を経た後、39年京大教授。43年文化勲章。48年プリンストン高等科学研究所客員教授。49年コロンビア大教授、ノーベル物理学賞受賞。53年京大基礎物理学研究所所長。70年京大退官。81年没。

【受賞理由となった業績や活動】

(研究発表前の「物理学の状況」)

1個の原子の大きさは、およそ1億分の1センチ程度といわれる。その原子の中央にある「原子核」ともなると、さらにその1千万分の1ほどの大きさしかない。 続きを読む 「湯川 秀樹(1907~81)」(1949年 物理学賞)

「朝永振一郎(1906~79)」(1965年 物理学賞)

1906年東京生まれ。京都帝大理学部卒業。理化学研究所研究員、東京文理科大教授、東京教育大学長、日本学術会議会長などを歴任。52年文化勲章受賞。65年ノーベル物理学賞受賞。79年没。

【受賞理由となった業績や活動】

(湯川と朝永、ともに「物理学の最先端を築く道」の上を歩む)

朝永振一郎は、湯川秀樹に次いで、日本では2人目のノーベル賞受賞者となった。

実はこの2人、京都にあった旧制第三高等学校、そして現在の京都大学の前身であった京都帝大の同級生どうしであり、また、共に物理学の道を極めようと志した、よきライバルどうしでもあったのだ。 続きを読む 「朝永振一郎(1906~79)」(1965年 物理学賞)

「江崎 玲於奈(1925~)」(1973年 物理学賞)

1925年大阪府生まれ。東京帝大理学部卒業。神戸工業、東京通信工業(現ソニー)などに勤務。60年に渡米、IBMワトソン研究所の主任研究員を務める。73年ノーベル物理学賞受賞。74年文化勲章受章。92年筑波大学学長。2000年芝浦工業大学長。

【受賞理由となった業績や活動】

(半導体内におけるトンネル現象とは?)

1957年の夏のこと、とある研究室で・・・「トンネルだ!」

研究室で電流計をのぞき込んでいた江崎は思わず、そう声をあげたという。

そして、それは、その後世界的に有名になる「エサキ・ダイオード」(トンネル・ダイオード)が誕生するキッカケとなった瞬間でもあった。 続きを読む 「江崎 玲於奈(1925~)」(1973年 物理学賞)

「小柴 昌俊(1926~)」(2002年 物理学賞)

1926年9月19日愛媛県生まれ。51年東京大学理学部物理学科卒業。55年ロチェスター大学大学院終了。70年東京大学理学部教授。87年定年退官、東京大学名誉教授、東海大学理学部教授。2002年ノーベル物理学賞受賞。その他、85年ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字賞受賞をはじめ、仁科記念賞、朝日賞、日本学士院賞、藤原賞、文化勲章、Wolf賞など。

【受賞理由となった業績や活動】

(超新星爆発からのニュートリノを見事にキャッチ!)

「ニュートリノ天文学」という言葉を聞いたことはあるだろうか?

これは、これまでの光や電波を観測手段とする天文学とはちがって、新たに「ニュートリノ」という素粒子を観測手段とする天文学のことを指した言葉なのである。 続きを読む 「小柴 昌俊(1926~)」(2002年 物理学賞)